家族に健康な暮らしを。いちご農家に初挑戦した、一家の大黒柱。 | たむらぐらし。~ 福島県田村地域の移住・定住情報サイト ~
東京都  田村市滝根町
家族に健康な暮らしを。いちご農家に初挑戦した、一家の大黒柱。
東京都  田村市滝根町
ふらっとファーム 代表(いちご農家)
平岡 真実 さん
私は東京で会社員をしていましたが、2018年にいちご農家に新規就農を果たしました。現在は、妻と6人の子供たちと大家族で暮らしています。
家族みんなの健康を願った田舎への移住と新規就農への道
移住を考えたきっかけは、東京での仕事が忙しくなり、生活そのものにも息苦しさを感じたタイミングで、自分だけでなく家族みんなが健康で暮らせるためにはどうしたら良いかと考えたんです。どんなに忙しくても一緒に食事をするなどして、家族との時間を持つことが重要だと感じ、家族の近くで仕事ができる農業を始めようと思いました。何を作ろうかと考えた時に、子供たちがイチゴが好きと言っていたこともきっかけとなり、イチゴ農家を始めてみようとなったわけです。
チャレンジできる喜びと、無駄のない苦労
夏イチゴ農家を行っている方が近くに居なかったのですが、インターネットや遠くで行っている人に連絡を取るなどして新しいことを開拓していくことが、自分にとっての好奇心をくすぐりましたね。またうまくいった時に、少ない労力でできるだけ多くの収益に繋がる可能性が高いと思い、そういう意味でもチャレンジングできる領域だと感じました。ただし、ほとんどの新規就農者は親元などで土地や農機具がある状態から始める方が多いのですが、自分は全くのゼロから草刈りなど農地を整備することからスタートしたので、とても苦労しました。自分も今は大変なことも多いのですが、無駄な苦労ではなく、やりがいのある苦労なので、これから新規就農をしたい人のことはぜひ応援したいと思っています。
移住後の今、思うこと
田舎の空気や水は間違いなく質が良いですし、実際に東京と比べてみても食べ物も格段に美味しく、より自然の中で生きている実感が持てますね。もちろん移住するにあたっては不安などもありましたが、それはどこに行っても同じなんじゃないかなと思います。就農での移住を考えている人にはハードルが高いかもしれないですが、新規就農で5年間の補助金が出る制度などをフル活用していく覚悟があればある程度乗り切れるとは思います。自分もそういった情報の下調べがないと厳しかったなと今となっては思います。今は、安定して良いものを取れるようになることが大きな目標であり、それには継続することが一番必要だと思っているので、少しずつ変えていきたいですね。現実は思っていた理想と大きくかけ離れている部分もありますが、それでも大きな一歩を踏み出せてはいると思うので、目標に向かって次の一歩を踏み出していきたいです。

新着情報

茨城県➧田村市船引町
IT業界から転職し、30代で新規就農。「2階建て方式」「年俸制」を取り入れ効率・働きやすさを追求した農業法人 代表取締役 『佐藤正典さん』
株式会社ほりこしフォーライフ 代表取締役/JA福島県青年連盟 副委員長/アグリクリエイターズたむら 副代表
佐藤 正典 さん
秋田県  田村市船引町
やりたいことを追求し続けてたどりついた福島の田舎町。ゼロからクラフトビールを作り上げる醸造士『武石翔平』さん
株式会社ホップジャパン 醸造責任者
武石 翔平 さん
田村市大越町
バイタリティが半端ない!絵本になった農家さん
ひまわり農園 代表/牧野ひまわり会 会長/田村市グリーンツーリズム連絡協議会 会長/牧野農を活かしたまちづくりの会 会長
佐久間 辰一(しんいち) さん

新着情報

茨城県➧田村市船引町
IT業界から転職し、30代で新規就農。「2階建て方式」「年俸制」を取り入れ効率・働きやすさを追求した農業法人 代表取締役 『佐藤正典さん』
株式会社ほりこしフォーライフ 代表取締役/JA福島県青年連盟 副委員長/アグリクリエイターズたむら 副代表
佐藤 正典 さん
詳しく見る
一覧へ