【開催報告】農家になるためのあれこれ講座#2|元OLから姉妹で農業を始めた話。 | たむらぐらし。~ 福島県田村地域の移住・定住情報サイト ~
【開催報告】農家になるためのあれこれ講座#2|元OLから姉妹で農業を始めた話。

126()zoomによるオンラインイベント、「農家になるためのあれこれ講座#2|元OLから姉妹で農業を始めた話」を開催しました。

 

OLから農業の道に進み姉妹で作物の栽培を行っている株式会社GREEN for TABLE 過足幸恵氏、富塚あゆみ氏のお二人をお迎えし、就農のきっかけや就農するための準備などについてお話を伺いました。

 

【ゲスト略歴】
株式会社GREEN for TABLE 過足幸恵氏(姉)、富塚あゆみ氏(妹)
前職は地元でOLとして働いていたが、実家が兼業農家であり父から農場視察に誘われたことがきっかけで姉妹揃っての就農を決意。現在は就農5年目となり、「女性でも続けられる農業、そして女性だからこそ出来る農業のカタチ」を目指し、市場での販売以外にも自社のハウスで直売も行っている。食卓に彩りある美味しいミニトマトを届けるため日々奮闘中。
 
株式会社GREEN for TABLE(ホームページ)
https://greenfortable.jp/

 
 


 
 

■農業をスタートしたきっかけ

 

 

-就農に至るまでの経緯を教えてください。

 

過足氏:OL時代に兼業農家の父に県内のベビーリーフの見学に行こうと言われたのがきっかけです。見学してみて「大変そうだけどやりがいがありそう、楽しそう」と感じて、すごくワクワクました。うちは実家が兼業農家であり、小さい頃から手伝いをしていたので、その時までは逆に農家になりたいとは思っていませんでした。

 

富塚氏:私は大学進学前から就農したかったのですが、社会人経験を積んでからでも農業をするのでも遅くないと母からの助言もあり、OL時代は農業の保険に関する仕事で、農家さんをサポートする側として働いていました。

 

過足氏:見学に行ったのが3月で、6月には農業を始めると決めました。見学翌月には会社をやめましたね。あまりのスピードに父も驚いてました。(笑)

 

-ハウスはご自分で作ったのですか?

 

過足氏:はい。初期費用削減として、父がハウスを建てるノウハウを知っていたので、中古のハウスを壊してきて、自分達で11棟建てました。ハウスがあれば雨でも作業できるので必須でしたね。その当時は業者に頼むと初期費用200万かかるところ、自分たちでやって14程度に収まりました。9月頃から作業を開始し、次の年の春には作付けをしたいからと、不安を考えている暇はなく、とりあえずハウスを建てるしかない!と必死でやっていました。冬は本当に寒かったですし、やったことのない作業だったので本当に辛かったですね・・・(苦笑)

 

-苗もご自身で育てるのですか?

 

過足氏:苗は種から撒いて育ててます。全ハウス分で4,000本くらいで、すべて手作業で丁寧に行っています。植える時は両親や従業員さんにもお手伝いいただいています。

 

-なぜミニトマトを作物として選んだのですか?

 

富塚氏:私たちははじめハウスを建てることに必死で、農業の技術を全く知らない状態だったんです。先生がいないと何も作れないということで、一番身近な父がミニトマトを栽培していたこともあり、教わりながらやってみようということになりました。今は10種類のミニトマトを作っています。

 
 
 

■農業と子育ての両立について


 

-お二人ともお子様がいらっしゃいますが、農業との両立について教えて下さい。

 

過足氏:2歳の息子を朝保育園に預けて、従業員さんにはその前から収穫作業をしてもらい、私はそのあと合流して誘引などの管理作業を行います。

 

富塚氏:普通の会社員だったら育休などがもらえますが、農業ではそれができません。正直、休んでいる時も仕事のことを考えてしまいますね。

 

過足氏:休みはとりにくいですが、でもその代わり私たちは姉妹でやっているのでお互いの子供をみたり、時間を調節したりと、融通はききますね。

 

-資金繰りで補助金は使用しましたか?

 

過足氏:田村市は震災における被災12市町村の補助金が適用されるので、新しいハウスの設置や遮光設備などで補助事業を使用させていただきました。去年からハウス脇に自動販売機を設置して直売所を開いたのですが、それもまた別の補助金を利用して、導入させていただきました。
 

-補助金制度に関する情報収集はどのように行っていますか?

 

過足氏:同業の方やJAに聞いたり、あとは県や農林水産省のホームページでこまめに確認するようにしています。申請期間が決められていて、事前に業者への見積依頼や各書類を整理する必要があるので、忙しい時期に重なってしまうと並行して行うのは結構大変ですね。

 

過足氏:初期投資はとてもお金がかかるので「本当に自分にできるのだろうか」と不安でした。家を買うのと同じくらいのものですから、一生かけて農業をやる覚悟をしました。

 

-理想と現実のギャップはありましたか。

 

過足氏:学校で農業を学んだわけではないので、栽培技術が伴わないことによるギャップはありましたね。イメージはいくらでも出来るのですが、毎年気候の変化などで状況が変わるので、なかなか予想通りにはいかないですし、思っていたよりも難しいなと感じましたね。

 

富塚氏:私は、就農前は”農家は職人、いわばスペシャリスト”だと思っていたんです。でもいざやってみたら、農作業だけではなく労務管理など事務仕事もしなくてはならない、オールラウンダーにならないといけないんだって、気づきました。本当にいろいろな仕事をこなさなくてはならないので、これはイメージとギャップがありましたね。

 

-ずばり、農業の魅力とは?

 

過足氏:私は、ミニトマトが病気になって枯れてしまい『もうダメかな・・・』と思った時、復活したことがあったのですが、その生命力の力強さに励まされました。自然には叶わないなと思っていた自分を応援してくれるかのような生命力の強さや、自分の手の掛け方によって味が変わってきたりもするので、事務職の時と比べても『作物も生きてるんだなぁ・・』と感じるというか、農業って面白いなってすごく思いましたね。あとは、子供と同じように成長が感じられるので、やりがいを感じますね。

 

富塚氏:農作業のあとに食べるご飯が美味しくて、『あ〜生きてるなぁ・・・』という実感が湧きます。それに、自分が育てたトマトを食べたお客さんに「美味しい」って言ってもらえるのは本当に嬉しいですね。手をかければかけるだけトマトも美味しくなります。今は休みが少ないのですが、私たちと同じようなママ世代が農業を職業として選択できるようなモデルケースになれたらいいなと思っています。

 

 

【視聴者】販路はどのように確保してますか?

 

富塚氏:9割は農協へ卸して、残りは直売所やネット販売しています。

 

【視聴者】はじめてどのくらいで従業員を雇えるくらいの利益を出せるようになりましたか?

 

過足氏:主に私たちがメインで作業しているのでその分人件費が抑えられている部分もあり、初年度から繁忙期シーズンに人を雇えるだけの利益は出ていました。

 

-農業を始めたい方へのアドバイスをお願いします。

 

過足氏:農業はきつい、汚い、辛いといいますが、表に見えていないだけで女性も多く従事しています。自分で採った作物も美味しいし、本当に頑張りたいという人にはとてもいいと思います。

 

富塚氏:農業はやりたいと思ってもすぐにはできず、助けてもらったり相談できる仲間や先輩の存在がとても大切だと思いました。従業員の方や周りの方、家族などに本当に感謝しています。あとはご自身の熱い思いがあれば大丈夫だと思います。

 
 


 
 

今回のセミナーはオンラインより33の方にご参加いただきました。

 

ご参加いただいた皆様からは……

 

・農家になる為に準備する事や、農家になって大変な事・楽しい事が聞けてイメージが湧いてきました!

 

・農業に興味があったので、実体験が聞けて良かったです。イチから始めたのは大変だと思いますが、姉妹で協力しあって子育てしながら頑張ってる姿が印象的でした。

 

など、嬉しいご感想をいただきました。

ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。

 

今回ご参加くださった皆様は同世代で女性の方が多く、農業を始めたいという方にとっては、行動力のあるお二人のお話から得られるヒントが多かったのではないかと思います。

 

 

全3回開催の「農家になるためのあれこれ講座」は、次回2月16日が最終回となります。ぜひ皆様お気軽にご参加ください。

 
 

【農家になるためのあれこれ講座#3】ベテラン農家が語る持続可能な農業編

https://tamura-ijyu.jp/archives/news/1696

 
 

【主催】福島県田村市

本取組は「1次産業による持続的関係人口構築戦略」の一環として実施しています。

農林業を通じて地域活性化を図り、市外の方へ田村市の魅力を発信することで、移住・定住者を増やすための取り組み。

新着情報

見つけよう、昆虫の可能性!昆虫ビジネスアイデアワークショップ
1泊2日で行く♪ 『 きて!みて!感じる!農業体験~農ある暮らしを体感しよう~』
田村市イベント情報(9月)

新着情報

見つけよう、昆虫の可能性!昆虫ビジネスアイデアワークショップ
詳しく見る
一覧へ